Diario

日々の暮らしのあれこれ帳

2024年5月の振り返り

月ごとの振り返りです。先月分はこちら。

gillegiuly.hateblo.jp

振り返り

食のGW feat. 復活の咳喘息

金沢旅行の初日に発症した風邪が一度回復したかと思ったらベランダ掃除で埃を吸い込んで悪化し、それが治ったかと思ったら咳がひどくなり夜中に起こされるまでになってしまいました。
小児喘息の名残で時々風邪の後に咳を拗らせて喘息気味になることがあるのですが、久々に来たか…という感じです。前回は大学2年生の頃でしたが数年経っても完治はしないのか〜〜と悲しくなりました。とはいえ日中はそれほど症状は出なかったので一瞬不調を忘れるくらいだったのですが夜寝る前と明け方に急に来るので睡眠が妨げられて日中眠いのがしんどかったです。
とはいえGWそのものは楽しかったです。帰省している友人と高円寺・阿佐ヶ谷で古着屋やアンティークショップを巡ったり、家族と築地市場で海鮮丼を食べたり銀座のクラシカルなカフェに行ったり青梅で自然豊かなレストランに行ったりと都内の東西あっちこっちで遊び、食べ、充実した時間を過ごせました。
新生活始まってしばらくは余裕もないし思う存分遊べるのも今のうちだ!と限られた機会を実感したからこそ、より深く「今ここ」を味わえたんじゃないかなと思います。

築地市場の海鮮丼

時が止まったような高円寺のカフェ

都内でこの絶景である

今月の本題、引っ越し

初めての一人暮らしで分からないことだらけでしたが無事大きな作業や手続きは終えられました。
ほぼ月初から買うものや段取りを考え続けていたので全然仕事に気が回らなかった。でもその分トラブルなく進められました。早めの準備大事。
家具家電の購入でプログラミングスクールと脱毛以来になるそれなりの大金が飛びました。PCで購入ボタンをポチる手がブルブル。でも何を買うか・買わないかを熟考したので、強制的に自分がどう生きていきたいかについて向き合わされたのは良い機会でした。
荷物の運び出しをケチって業者使わなかったのですがかなり大変でした。車出してくれた家族には感謝しかないです。次からは業者使おう。実家とは電車で30分弱の距離なので、大きめの家具を車で運んだ後は手作業でちまちまと新居と往復しながら運搬していきました。
インテリアは色々構想しつつ整えつつなんですが、まだ楽しむ余裕はないですねぇ。

なんとか生きてます

当初荷物を運んですぐ新居で過ごそうと思ったのですが、細かい生活準備にかなり時間を取られてしまったのと環境の急激な変化に耐えられそうになかったので、「寝泊まりは実家で日中新居→寝泊まりを新居で日中は実家→完全新居生活開始」と二拠点生活的に実家を活用して段階を踏むことにしました。
家賃光熱費がもったいない?精神病んだらもっとお金かかるんだからこれくらい必要経費じゃい!という気持ちでやってます。
で、今現在は寝泊まりを新居でしているんですが慣れなくて全然眠れないですね。一人暮らし体験の時はわりとすぐに熟睡できたんですが、生活拠点が移るとなると緊張感が違うのかもしれないです。早く慣れたい。
一番辛いのが夕飯を家族で食べてから夜道を歩いて新居へ帰ってきた時。部屋でビエビエ泣きながら大学の友人にLINEしてます。これも平気になってくるのだろうか…
エレベーターが無いので諸々の荷物を手作業で運び込みながら実家と新居を往復しまくっており、身体は動かせているのか頭はスッキリしているし肌の調子もかつてなく良いです。やっぱり運動大事。
とりあえず今回は生存報告まで…

来月に向けて

今月は実質お試し期間みたいなものなので、本格的に新生活が始まるのはこれからですね。そうか…これからなのか…(自分で書いておいて絶望) 一昨年は食中毒、昨年は骨折に苦しんだ「魔の6月」を無事乗り切れるよう、とにかく健康安全第一で過ごしていきたいです。